2014年08月14日

今年もまたまた行ってきましたよ

岐阜県郡上八幡の「郡上踊り」は日本三大盆踊りのひとつで、毎年7月中旬から9月初旬までの週末など32夜にわたって郡上八幡のまちなかで場所を変えて盆踊りを踊るのですが、8月13日から16日は「盂蘭盆会」と言って夜の8時から明け方4時頃まで催され、「徹夜おどり」とも呼ばれています。このあたりの話は僕の周りの人たちは耳タコになっていると思いますが、「死ぬまで毎年踊りに行く!」と決めてもう10年以上通っております。

  ※郡上踊りに興味があるかたは、8月17日午前11時からBSプレミアムの
   「新日本風土記」で郡上踊りの再放送があるのでご覧くださいね。

2014081301.jpg盆踊りは亡くなった人を供養するための踊りですね、郡上八幡では踊り好きの人を「踊り助平」なんて呼び方をするのですが、これまでは単なる助平で参加していた僕も今年は母と嫁さんの初盆ということで、親戚一同の「しっかり供養してきなさい」との後押しを受けて堂々の参加です。


2014081302.jpg例年は早くに家を出て、あちこち回りながら行くのですが今年は所用があって出発したのが17時すぎ。高速道路の帰省渋滞に巻き込まれ、一般国道や抜け道に迂回したけれど郡上に着いたのは21時半でした。会場にほど近い駐車場で順番待ちをしながら着替えを済ませ、22時頃から90分近く踊りっ放し(笑)
徹夜おどりの4日間に20万人ぐらいの人が全国から集まるそうですが、1〜2時間で帰る人も多く駐車場もそこそこ回転するし、同時に踊っているのは5〜6千人ぐらいと思うのですが年々踊り助平が増えているようで、夕べは踊りの列がかなり長かったように思います。


2014081303.jpgそんな人ごみの中で同じく助平なZenさん御一行と出会いました!
かなりヘバってフラフラになって踊っているところをZenさんが見つけて駆け寄ってきてくれたのですが、いやぁ・・・感動的でしたよ。行った人にしかわかんないけど、あの人ごみで知り合いを見つけるのって奇跡に近いです。Zenさん、よぅ見つけてくれましたね。

0時半ぐらいまで踊ってから、ネットで渋滞が解消しているのを確認して郡上を出発。帰路は帰省を急ぐ車の流れが速くて、流れに乗って走っていると2時間ちょっとで帰宅することができました。もしかして往路も夜になってから出たらよかったのかもね。

2014081304.jpg郡上おどりの手ぬぐい。
毎年違う図柄の下には「参加章」という落款が描かれていて、これを毎年買って帰ることが楽しみになっているのですが、家を探してみるとどこにしまったかわからない(笑)とくに踊りの時に使用したものは洗濯してタオルの棚のどこかに埋もれていたりします。ま、参加した証ってのは別に形で残らなくてもいいんですけどね。


2014081305.jpg踊った証といえば下駄。
初めの頃はサンダルで踊っていましたが何年か通ううちに踊り下駄を買いました。徹夜踊りの時は下駄屋さんも掻きいれ時ですが、単に下駄を売るだけでなくて、踊っている途中に切れた鼻緒の修繕なんかもしてくれます。郡上おどりでは下駄を「カッ」って鳴らす足さばきが沢山あって、男衆の下駄は鳴らす毎に先端と前歯が磨り減ってきて、その減り方が年季を表します。料理人の包丁みたいですね。
僕の下駄は・・・まだまだ年季が足りません。
posted by いけさん at 20:11| Comment(7) | 夜遊び

2014年06月08日

悔しいけど嬉しい

「歌本オッケー!」
「クラス分の旅のしおり作ったで!」
「おやつは勇気の300円越えや!」
「バスの中の一発芸はカンペキ!」

そんな勢いで登校した遠足の朝、乗り込むバスのステップで転んであえなくリタイヤ。
旅行前に興奮して発熱したり、初デートの日に下痢になったり、そんな経験をお持ちの方もいらっしゃるかと?

2014060800.jpg
練習もそこそこにスライドの編集にいそしみ・・・

2014060801.jpg
どうせならきれいな画像をってノートPCを買って・・・

2014060803.jpg
ついでにデジカメも買い替えてベース弦を買うお金がなくなったり・・・

2014060804.jpg
W杯にひっかけたユニフォーム作ったり・・・


そんな待ちに待った感謝祭をリタイアしてしまいました〜(涙)
いけさんのネタを楽しみにされていたお客様も少なからずいらっしゃったことかと思いますが、ほんまにドタキャンでごめんなさいでした。そういや今回は僕がメインボーカルを担当する曲もあったんですよ〜。会場から引き返す車の中、ラジオから聞こえるKBSのメッセージを聞きながら、ほんまに悔しくて悔しくて・・・。

お客さんはみなさん座れてるかな?とか、演奏やスライドはうまくいってるかな?、ずっと気にしていましたが、「盛況で終われたよ〜」とメールを受け取りホっとした次第です。すごくたくさんのお客様に来ていただいて、とても喜んでいただけたと聞き、メンバーやスタッフのみんなに感謝した感謝祭でした。

写真を見ると、置いてきたベースとベースアンプの前には花束が!?
ん〜・・・・僕がいなくて悲しんでくれてたのかな?w

嬉しかったのは会場にベーシストが何人もいたのに代打が立たなかったこと。
メンバーが代わりに弾くってのはいいけど、もし代打が立ったら僕は満月堂を脱退するでしょうね。「満月堂のペースはいけさんだから」っていうメンバーの思いが嬉しかったです。(えっ?受けてくれる人がいなかっただけ?)

あぁぁ・・・演奏の練習ほっといてスライドの練習ばかりしてたし
どこかでスライド上映会でもやろうかな・・・
って、演奏の練習しなかったバチがあたっただけやんw
posted by いけさん at 22:43| Comment(5) | ライブ

2014年05月31日

10周年感謝祭第一弾のご案内

満月堂は今年の10月で活動開始から10周年を迎えます。
早いですねぇ・・・あっと言う間の10年間でした。
多くの皆さんに助けていただきながらの10年でした。

ということで6月8日(日)には宇治市生涯学習センターで「満月堂10周年感謝祭」を行います。
12時半開場、13時開演。コンサートとトークショー?を織り交ぜた3部構成で16時の終演まで、満月ワールドをお楽しみください。

今日は久しぶりに4人揃って打ち合わせ&音合わせをしました。
一人旅から戻ったろっぽーさんが当日演奏曲のたたき台を準備してくれましたが、オリジナルに加えて邦楽・洋楽カバー曲をどういう構成で演奏するのか?リクエストを受けるのか?夕方までじっくり話し合いをしました。

さて、どんなコンサートになるのでしょうね?お楽しみに!
コンサートの詳細は満月堂のホームページでご確認くださいませ。

2014053101.jpg
posted by いけさん at 20:49| Comment(0) | ライブ

2014年04月29日

昭和は遠くなりにけり

 今日は昭和の日。各地で昭和時代を懐かしむイベントがあったそうです。
 
 昭和をイメージするものとして「国鉄」「ジャルパック」「空襲」「万博」「ハエたたき」「王貞治」「駄菓子屋」とかネットを見ると色々上げられていますが、「フォークソング」や「歌謡曲」も昭和のイメージなんですね。もっとも昭和時代はあしかけ64年と長く続いたことと、戦争と平和の大きな分岐点になったことから、「あなたにとっての昭和を代表するものは?」と聞かれても、その世代によって回答はまちまちなようです。
 僕は昭和33年生まれですけど、昭和時代の半分しか生きていないのですから、半分しか語れませんね。僕の父は大正15年(昭和元年)だからコンプリートですねぇ。

 さて、昭和を知らないうちの娘は4月から披露宴会場でアルバイトをしています。制服などは当然貸与されますが、なぜか栓抜きは持参せよとのことで、それも缶切りやワインオープナーとひとつになったものではなくて、あくまで栓抜き単機能タイプ。
2014042901.jpg
 昭和の時代には三河屋さん(笑)がビールケースを配達する時に、ビールメーカーの刻印が入った栓抜きがついてきたように思います。だからどの家庭にも何本かありましたよねぇ?
 明日からバイトって夜に慌てて探しましたが残念ながら家には残っていなくて、スーパーや金物屋、100円ショップなど回りましたがどこにも単機能タイプは置いていなくて、酒屋さんに聞いても「今は缶ビールが主流だから、栓抜きはないねぇ」とのこと。昔はごろごろしてたはずなのに、今や栓抜きは過去の遺物になっちゃったんですね。
 娘のほうは友達に余ってるのをもらって何とかなりましたが、先日それを失くしてしまったらしく、またまた栓抜き探しの旅へ・・・・。今日、実家で古い栓抜きをひとつ発掘したのと、伏見の厨房器具専門店で打ち抜きのものを見つけたので何本か確保。

将来値打ちが出るかもしれませんね。

2014042902.jpg ふれあい町家さんのコンサート会場でお客様から「のどを痛めないように」ってメンバーに1缶ずつ「サクマド式ロップス」をいただきました。ゆうさんは「火垂るの墓を思い出す〜」ってウルっときてましたが、これまた昭和の代名詞「サクマ式ドロップス」
ところがよく見ると現代的な仕掛けがしてありました・・・。
缶の蓋をとめてある銀色のテープを剥がすと、缶に「開封」という銀文字が転写されるんですけど、おそらく異物混入対策でしょうね。思えば昭和は平和な時代だったってことですね。
posted by いけさん at 21:42| Comment(4) | 目線

2014年04月12日

花音ミュージックフェスタ

音楽イベントとしておなじみの「フォーエバーフォークin宇治」
出演者は中高年のアマチュアバンドですが、イベントの企画や運営もアマチュアのスタッフが力を合わせてとりおこないます。今でこそ10組近いバンドが出演しますが、満月堂が初めて参加した2007年の第1回は確か数組の出演者でした。

そんな「フォーエバーフォークin宇治」に第3回から音響スタッフとして参加した僕のお弟子さんも、今や押しも押されぬ満月堂の音響スタッフです。
僕が舞台で音響の調整をしながら演奏するのは、メンバーとの打ち合わせが十分できなかったり、舞台上の会話に入れなかったり、会場にどんな音が聞こえているのかわからなくて不安になったりかなりの負担になりますが、弟子が音響スタッフとして参加してくれるライブでは僕は演奏に集中することができます。

音響のオペレーターができる人はたくさんいますが、長年満月堂のライブを手伝ってくれるていると、メンバー好みのギターの音色とか間奏やハーモニーの部分でのバランスの取り方など細かい調整を弟子はしてくれます。仕事や子育ての合間を縫っての参加なのすべてのライブに来れる訳はなく、場数をこなすほど技術が養われる音響としては決して早い成長ではありませんが、今や満月堂に無くてはならない存在です。

そんな弟子が桜満開の塔の島で行われた「花音ミュージックフェスタ」では第1回フォーエバーフォーク並みの7組のバンドの音響と転換を進行通りにほとんど一人でこなしました。イベントの裏方ってのは目立ってはいけないし、やって当たり前って思う人もいるかもしれませんが、大勢のスタッフがやっても満足な出来にならないイベントだってあるのに、出演者もお客さんもみんな笑顔で終われるイベントを支えたことを是非褒めてあげてほしいです。

さて、せっかくですから花音ミュージックフェスタの音響運営についてご紹介しますと、まずは出演バンドごとの楽器とマイクの構成を確認して、舞台に必要な機器のレイアウトとミキサーへの接続チャンネルなどを構成図に落とし込みます。2014041201.jpg当日は朝8時に会場入りして機材設営と音のチェック。リハーサルをしながらバンドさんに構成変更がないか確認。この時に注意点や気付きを構成図に書き込みます。
本番が始まれば進行の管理をしながらバンドの転換作業や会場のあちこちから音を確認したり、不意のアクシデントにも対応できるよう気を配ります。野外イベントの場合は風でスタンドやスピーカが倒れないか、子供がケーブルにつまずいたりしないか気が張ります。

いつかまたた皆さんがライブイベントに出かけられるときはスタッフの動きにも注目してくださいね。出演者と観客が安心して楽しめる環境を音響、照明、会場誘導などなど様々なスタッフが支えています。

2014041203.jpg


posted by いけさん at 21:28| Comment(0) | ライブ