2017年01月31日

健康ライブ

声を出さない生活が続くと喉が固くなって咳き込んだり、声帯が委縮してしまい最悪は言葉を発せない状態になるとのことです。
父の晩年は介護施設にお世話になりましたが、女性参加者が多いカラオケやゲームなどの催しに参加するのが苦手で、ともすれば個室に引きこもる時間が長くなってしまい人との会話が減ることからおのずと口数が減りトーンも低く細いものになっていきます。コミュニケーションが減ると脳の老化も進行しますし、いざという時に思いを上手に伝達することができずイラついたり、やがて伝達をあきらめてガマンしてしまい鬱症状を引き起こすという負の連鎖が出来上がります。連れ合いに先立たれた高齢者が一人暮らしをするうちに会話が減ることからこの連鎖に陥ることも多いと聞きます。

そういえば連れ合いを亡くして3年目、会社を辞めてもう半年、日常会話は夕食時に娘と交わす「どや、うまいか?」。友達とのやりとりもメールやLINEが大半を占めますし、なるべく外に出るようにはしているものの「ホットコーヒー、レギュラーサイズね」ぐらいじゃ会話とは言えません。とっくにタバコやめたのにライブでハモっている時に喉が痛くなって咳き込んだり、ちょっとしたことで器官にツバが入ったり。
これってちょっとヤバイんじゃない?

2017012801.jpg

これはアカンってことで土日のライブはテンションアゲアゲでブっ飛ばしました!
開始前から喋りっ放しのトップギア。ろっぽーさんもつられて饒舌になり、そんな満月堂にお客さんもノリノリで一緒に歌ったり会話を交わします。大笑いして、一緒に歌って、「一言も聞き逃さないぞ」って脳がフル回転しますし、これってライブ会場全体で「正の連鎖」が発生しているってことですよね。すごいです。

この土日のライブは仕掛け人も中高年の皆さんでした。
こういう場を提供することって大変な準備やノウハウが必要だと思います。ただ人を集めて何かをするだけではどこかに足りないものや消化不良が出てくると思うのですが、きちっと計画を立てて運営され行き届かない点があれば次に改善されているので、参加者に過分な負担がなく安心して参加し、気持ちよく帰って行かれます。いま何が必要なのか理解して場を提供できるのは同じ世代ならではでしょうね。

ろっぽーさんが熱唱した陽水の「人生が二度あれば」。
 「父は今年二月で 六十五 顔のシワはふえて ゆくばかり」
 「母は今年九月で 六十四 子供だけのために 歳とった」
1972年5月にリリースされた「断絶」というアルバムに収録されたこの曲の歌詞に出てくる父母の年齢は、2017年の ろっぼーさんに重なります。1972年の平均寿命は男70.5歳・女75.9歳。2015年は男性80.8歳、女性87.1歳と聞きます。45年間で男性は10歳以上伸び女性はもう一周干支を迎えそうな勢いです。
「人生が二度あれば」と悔いるのはまだまだ早い。むしろまだ沢山ある「人生の扉」を開けていく楽しみを日々の生き甲斐にしたいですね。

土曜のランチは「すし勝」さんのランチ(950円)
もちろん、ご主人とめっちゃ会話しました(笑)

2017012802.jpg

※ウィキペディア、まとめサイト、厚労省などの記事を参考にしています。
posted by いけさん at 10:51| Comment(3) | 健康・終活

2017年01月13日

出待ち

祇園の新門前通を歩いていたら上等なカメラを携えたおじ様たちがどさっと一山になってはります。場所は片山家の前。1月13日は祇園の芸妓さん舞妓さんたちが京舞の家元にご挨拶に行かはる「初寄り」という行事があるようで、おじ様たちは華やかな芸妓さん舞妓さんたちの出待ちをしてはるんですね。
前を通った瞬間に格子が開いたら大ブーイングなので怖くて横切れませんでした。

高齢者が昔買えなかった高級一眼を手に入れて、撮影名目で外出するのはとてもいいことですね。出かけるためには金銭的余裕は勿論ですがまず第一に外出できる健康が確保されているということで、さらにそれはカメラを持って外出することで適度な運動、神経への刺激、脳の活性化とかたぶん多くの相乗効果があるのでしょう。
高齢者に健康被害を加える加害者になりたくなかったらシャッターチャンスに前を横切る行為は避けるべきですね。

ま、おやじバンドもお仲間です。「出待ち」はないですがw

20170113.jpg
posted by いけさん at 20:00| Comment(0) | 健康・終活

2017年01月08日

雲州旅行

無職の身には関係ない3連休の初日は大阪天神橋近くのイベントスペース「雲州堂」さんでの初ライブでした。常設の音響機材やオペレーターさんがおられるので楽器だけ持参という、移動にも演奏にも余裕が持てる嬉しいシチュエーションですので西院から準急に乗ってのんびり座ってでかけます。

桂駅で特急に乗り換えずに発車を待っていたら続いて到着した快速急行が「京とれいん」だったのであわてて乗り換えます。初めての「京とれいん」はラッキーなことにガラガラだったので広いシートにゆったり座って移動できました。土日に4往復だけの車輌なので一度乗ってみたかったんですよ〜(元鉄)

2017010701.jpg


淡路で乗り換えて天六で下車、天神橋まで遠いのに何で天六?って、せっかく来たんだから天神橋筋商店街を歩かないと勿体無いでしょ? 焼き寿司食べて、コロッケほおばって、うな丼に涙して・・・。お腹いっぱいになったら繁昌亭を通って大阪天満宮にお詣り。ここは天神祭りだけやなくてえべっさんもあって、十日戎を控えての準備中といった感じでした。天一までくるとカレー店がずらっと並ぶのですがさすがに無理。老舗の喫茶店でゆっくり休憩してから雲州堂入りしました。ライブというより小旅行気分でございました。

2017010703.jpg

2017010704.jpg


雲州堂さんのホームページには「そろばんの老舗」と書いてありました。明治30年創業で商都大阪ですからそろばんは重要な商売道具ですね。wikiで調べると島根県の奥出雲の「雲州そろばん」と兵庫県小野の「播州そろばん」が二大そろばんなのですが、やはり雲州堂さんは奥出雲出身でした。今夜のライブはかつてそろばんが山積みされていたであろう蔵を改装した会場です。

2017010705.jpg

・・・で、どんなライブだったかはバンマスのブログでねw
posted by いけさん at 21:55| Comment(4) | ライブ

2017年01月01日

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

親の介護もしなくっちゃなどと言って早期退職したら父が逝ってしまって、ただの無職中年になってしまった2016年でしたが、その分ライブ活動が増えて、もはや「音楽で生活している」と言っても過言ではないかもしれません。(満月堂がギャラを要求したら僕の失業保険が切れたと思って間違いありません)

我が家の初詣は元旦の朝に北野天満宮さんまで歩いてお詣りに行くと決まっておりました。親子3人で他愛もない話をしながら1時間ほどで天神さんに着きます。晴れの日も雪の日もありましたし、年越しのケンカで気まずい空気のまま無口で歩いた年もありました。嫁さんが逝った次の元旦も娘と二人で歩きました。昨年は娘は友達と初詣に行っていたのと、僕がうまく歩けなかったことで夜になって娘と車で往復しました。そして今年は娘が旅行中だったので一人で歩きました。

年を重ねる毎に家族や親子の形は変わって行くもので、寂しさを感じながらも変化を受け入れていかねばなりませんが、これは誰もが経験することで僕が特別なわけではありませんね。ただ、母親の役割を負うことで娘との会話は増え昨年末は二人でソウルに行ってきました。家族揃っての初詣はなくなりましたが父娘での旅行を手に入れました。ま、これもいつかなくなるのでしょうけど、その日が来ることはきっと楽しみなことです。

おかげさまで体調はどんどん良くなり体重もどんどん増加w
もっとライブを頑張ってカロリー消費したいと思っています。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2017010101.jpg
posted by いけさん at 15:35| Comment(4) | 目線

2016年10月28日

満月堂 秋の文化祭

お久しぶりです!!

おかげさまで満月堂は23日に12周年を迎え、いよいよ13年目の活動に突入しました。「ここまで続けてこれたのはひとえにバンマスの人徳?」などと誰かがMCしていますが、まずはお客様あっての満月堂ということで、いつも応援していただいている皆様のおかげで続けてこれたのだと感謝しております。

てなことで人徳のあるバンマス企画で「満月堂 秋の文化祭」を開催します。
ライブパーティですから演奏だけでなく軽飲食やアトラクションなど、日頃から応援いただいているお客様にもっと楽しんでいただければと思います。

定員は、50名ほど。 参加費 1000円/人
店内の有料ドリンクに加え、満月堂からソフトドリンクと簡単なおやつ類を準備します。お好みのアルコール類やおつまみが必要な方は持ち込みフリーです(ただし火気厳禁w)。

参加ご希望の方はチラシをご確認の上お申し込みください。
posted by いけさん at 10:57| Comment(2) | ライブ