2017年08月25日

桝形地蔵祭

夏休みもそろそろ終盤。毎日休みな僕ですが何となく焦りを感じます。
で、郡上八幡の桝形延命地蔵尊縁日踊りに行ってきました。
25日の小野天神祭とどちらに行こうか迷ったのですが25日が雨の予報だったことと天神祭は一度参加したことがあるので24日の「桝形地蔵祭」で踊ることにしました。「升形・桝形」とはお城によくある2つの城門が直角に並ぶ防衛構造の空地部分のことだそうですが、城下町の入り口部分にあたる町だから「桝形町」という名前がついたのでしょうか?

2017082401.JPG

昼間の散歩で地蔵尊にお参りした時に近くの民宿の女将さんから「郡上から旅に出る時は皆ここで道中の無事をお地蔵様にお願いし、帰った時はお礼のお参りをするんですよ」と教えていただき、やはりこの町は城下町の出入り口にあたる存在だったみたいです。踊りの前には今年も無事に来れたお礼参りをさせていただきました。

2017082402.JPG 2017082403.JPG

今夜の郡上踊り「桝形地蔵祭」は国道256号沿いに屋形が立ち、踊りの列が十字ではなくL字型になります。平日の夜ですが大勢の人でにぎわっています。郡上踊りの縁日踊りは通常20時から同好会の唄とお囃子で30分ほど踊り、その後は保存会の皆さんの唄とお囃子で22時半まで踊ります。保存会入れ替え準備の10分ほどに祭の謂れや歴史などの説明があるのですが、興味をもって聞いてみると優しい口調でコンパクトにわかりやすく説明しておられ、昔はなんとなく聞き流していたのがすごく損をしていたみたいで悔しかったです。説明によると桝形延命地蔵尊は安政5年(1858年)に郡上八幡で蔓延したコレラを収めるために建立されたとのことでした。

2017082404.JPG 2017082405.JPG

郡上踊りも15年近く通うと上手になったかもという錯覚がおき、いつかは「認定証」がいただけるかと欲が出てきますが、隣で踊っていた40代くらいのご夫婦の奥様がそれはそれは上手な踊りで関心していると、やはり保存会の方からお声がかかり「認定証」をゲットされました。僕は隣で踊っていてスルーですからまだまだダメってことですね。精進します。

2017082406.JPG 2017082407.JPG

今シーズンの踊りは二着の「Happi Coat」を試しました。浴衣より気軽で雨でも気にならないし汚れたら洗濯機にポイッで済むので電撃日帰りで通う僕にはとてもありがたいです。アクセントは岐阜市の工房が郡上に出したアンテナショップで手に入れた「雪花紋」の手ぬぐいです。そして今回のランチは味噌味がしなかった「郡上味噌カツカレー」でした(笑)

2017082408.JPG


posted by いけさん at 23:41| Comment(0) | 夜遊び

2017年08月18日

乙姫川散策

7月初旬から9月初旬にかけて32夜にわたって郡上八幡各所で開催される郡上踊りも、8月13日から16日までの4日間は盂蘭盆会の「徹夜踊り」となります。20時から朝の4時または5時まで踊りが続き小さな町に数万人が踊りに訪れます。
今年は初日の混雑を避けて14日に出かけましたが昼過ぎ時点で郡上八幡インターから降りるだけで渋滞し、主だった駐車場はすべて満車状態でしたが、行きつけの駐車場で「夜まで待っててもいいから」と頼んで待機させてもらったところ奇跡的に15分で停めることができました。

時間は余るほどあるので先月来た時に知った「乙姫滝」を見に行くことにしました。
郡上八幡は吉田川の流域に広がりますが子供たちの飛び込みで有名な新橋のやや下流左岸に流れ込む「乙姫川」を遡行します。遡行と言ってもせいぜい1キロほどなのでほどよいお散歩気分で行けるはずです。

2017081400.jpg

吉田川との合流点(写真左)。左にあるのが有名な新橋です。合流点を乙姫川上流から見ます(写真右)。手前に水路が立体交差しているのがわかりますか?郡上八幡には生活用水の水路が多くあります。

2017081401.jpg 2017081402.jpg

川沿いの民家には裏口から川に降りる石段があって、川にはスイカや野菜が冷やしてあります。「カワド」という共同の水場もあって(写真右)上流側で食材を洗い下流側で洗濯といった使い分けをしています。洗うもの別のカワドもあります。カワドや郡上の生活用水を記録した動画を見つけましたので興味ある方はご覧ください。
YouTubeにリンク = https://youtu.be/d3wO0o7Y_uI

2017081403.jpg 2017081404.jpg

国道256号(せせらぎ街道)をくぐると急に山の風景に変わります。地図ではあと500mほどで60mほどの標高差を歩くことになります。途中に「県下初の水力発電所跡」という碑があってなにやら建物もありますが水車があったのでしょうか?発電できるほど水量があったようには思えないのですが後で調べると明治32年のことだそうです(写真右)。

2017081405.jpg 2017081406.jpg

軽トラックが通れる山道は歩きやすく、陽が充分入る谷道ながらも一年を通じて水温14度という乙姫川のおかげでスーパーの鮮魚コーナー並みの涼しさは快適で、さっきまで汗だくて街なかを歩いていたのが嘘のようです。間伐された森は風通しもよいのですが圧倒的な倒木が山道に飛び出しそうで、地震や豪雨の時は不安でしょうね。砂防ダムのブルーの滝つぼや幾段も連なる小滝を過ぎると乙姫滝に到着です。

2017081407.jpg 2017081408.jpg

5mほどの一条の滝が岩の上から流れているのが乙姫滝です(写真左)。岩の上の穴からの湧き水が滝となっており、穴の奥は竜宮城に繋がっていると説明板に書かれていましたが今回はここでやめておきます。滝の上に石の祠があってこれが「乙姫水神」です(写真右)。

2017081409.jpg 2017081410.jpg

駐車場から往復1時間くらいのハイキングでしたが郡上八幡の見所を発見した気分で楽しかったです。来年の乙姫水神祭も意味がわかると気分もかわるし、郡上踊りの「春駒」という曲にある「日照りしたとて乙姫様の滝の白糸 切れはせぬ」という歌詞にも傾聴するでしょうし今夜の踊りが益々が楽しみになりました。
posted by いけさん at 10:04| Comment(0) | 夜遊び

2017年08月04日

慈恩禅寺弁天祭・乙姫水神祭

7月は怒涛の7ライブをこなし、お疲れさんの満月堂夏休みに入りました。
夏と言えば郡上踊りですよね!?雨が心配でしたが7月30日に行ってきました。

午後3時ころに出発して2時間ちょっとで郡上八幡に着きます、途中の山間部で小雨に遭いましたが郡上八幡は曇り空なうえに夕方の川風が涼しくて快適な散歩タイムを過ごしました。吉田川の遊歩道を旧市街の北側に向かって歩いていくと鮎の友釣りをしている人が何人もいて、長い竿を振りながらもそれぞれの領域を上手に守りますが、ルールを破る人が入り込むときっとケンカになって友釣り状態になるんやろなと失笑してしまいます。

2017073001.JPG 2017073002.JPG

旧市街のはずれのショッピングセンターで農産物や畜産品を物色します。お土産屋さんよりも新鮮で安いし、地元ならではのお惣菜も楽しみです。なんと20円のコロッケがあって帰り道のおやつに買いました。ブレンディの1リットルボトルが88円だったのでこれもゲットw。そんな平和な時間を過ごしている間にお囃子の屋形は今夜の会場に移動して準備が始まっています。

20170730021.JPG 2017073003.JPG

今夜の踊り会場は川原町で「慈恩禅寺弁天祭・乙姫水神祭」というタイトルです。慈恩禅寺は妙心寺派の大きなお寺で、この夜はお庭の特別公開も行われます。せっかくの機会ですから釈迦如来や弁財天のお参りに行きました。旧市街の南側から吉田川に流れ込む乙姫川という小川があって生活用水として使われているのですが、どんな水不足の時も枯れずに町を守ったということで「乙姫水神」のお祭りも行われます。乙姫川を少し遡上すると5mほどの滝があると説明を聞いたので次回お散歩の楽しみができました。

2017073005.JPG 2017073006.JPG

8時から1時間半ほど踊って、帰路滋賀県で豪雨に遭いましたがなんとか日付が変わる頃に帰宅できました。この日の踊りの様子が郡上ドットコムにアップされたのですが「かわさき」「三百」「春駒」といった有名曲ではなく、「ヤッチク」「げんげんばらばら」「甚句」といった渋い曲だったので貼り付けておきます。最後の曲は「まつさか」です。

posted by いけさん at 10:37| Comment(2) | 夜遊び

2017年06月02日

郡上踊りin京都

いよいよ明日です。
今年は市役所前広場ではなくゼスト御池が踊り会場になります。

20170602.jpg


報告が遅くなりましたが楽しく踊ってきました!
写真をクリックするとYoutubeに投稿された動画に飛びますので僕を探してくださいね。外国人観光客向けの和モノショップで手に入れた「Happi coat」なるものを着ています。浴衣より着やすくて洗濯も楽そうなので今年の踊りはこれで行きます。

2017060201.jpg

posted by いけさん at 22:45| Comment(0) | 夜遊び

2015年12月26日

メリークリスマス!!

今年最後のライブは「おいしい空間菜野ライブ31th」。
ライブはクリスマス選曲やプレゼント抽選会もあったりで、恒例打ち上げパーティのほうも〆にマスターお手製のケーキをいただいたりとクリスマス気分ですごしました。

マスターのケーキ

僕は、とみさんが演奏をしている時は厨房で待機しているのですが、今回はマスターにいつもお世話になっているお礼というか、東急ハンズで手に入れた「ハイホーム」なる汚れ落としを使ってみたかったので清掃道具一式を入れたバケツ持参で厨房に入りました。こっちは大掃除気分です。

まずはフライヤーにこびりついた油を落としたのですがハイホーム恐るべし!!みるみる汚れがとれて行くのを横で松っちゃんが驚きながら見ています。炊飯器やオープンも試したのですがどれもピカピカ!!といっても20分程度の作業ですからそれぞれ一部分だピカピカにして撤収しました。残りは来年また(笑)。ちなみに東急ハンズでは「茂木和哉」という水垢取りも買っちゃいまして、右の写真は自宅の洗面ですが軽く拭くだけでピッカピカ!主夫業2年目ですが女子力絶好調です。

2015122602.jpg 2015122603.jpg


ピッカピカと言えば今年のイブは梅田のドイツ・クリスマスマーケットで過ごしました。すっごい人混みでシュトーレンの行列ではふらつきながらも「生きててよかったシリーズ」を満喫してきました。

2015122604.jpg

posted by いけさん at 19:25| Comment(0) | 夜遊び

2015年08月15日

ふたたびの街

半年以上ぶりのブログですね。1月末に心筋梗塞で入院して以降、皆様には大変ご心配をおかけし多くのご支援をいただきました。あらためて御礼申し上げます。
後になってから死んでもおかしくない状況だったと知れば知るほど、日常の出来事や人とのふれあいについて胸が熱くなる時があります。万一のことになっていたらこの場は無いんだと思うと、今は一日一日をとても大切なものに感じます。

そんな中、8月11日に郡上八幡に行ってきました。
お盆期間の徹夜踊りに参加したいのはやまやまですが、お盆渋滞の中を運転することや郡上八幡の身動きされぬ人混みに揉まれることに不安があったので11日を選びました。おかげで道路はすいていたし観光客もまばらで、休憩するベンチに不自由することなく夕方の町並みをのんびり歩いて回りました。以前に書きましたが死ぬまで毎年一度は来ると決めている町なので、僕にとってはまたここに来れたことが感無量で、吉田川を眺めながら涙する怪しいおじさんになっていました。

2015081101.jpg 2015081102.jpg

さて、11日の郡上踊りは下日吉町という古い繁華街での開催です。
日吉町はパチンコ屋さんやスナック、料理屋さんがありその昔は演芸場のような施設もあったとのことで旧市街の中でも賑やかな町だったのでしょうね。今夜の踊りも「秋葉祭・嵐璃橘之丞慰霊祭」と郡上出身の歌舞伎役者の名前がついています(読み方不明w)。車はいつも通り安養寺に停めました。ここはトイレや更衣室も使わせてくれるし徹夜踊りの会場に近いので並んででも停めます。日吉町からは少し遠いので今日はひっそりしていましたが山に抜ける風の通り道なので踊りが始まるまで昼寝をするには最高でした。

2015081103.jpg 2015081104.jpg

踊りは20時半開始ですが20時には大勢集まっていました。
みなさん踊り会場から少し入った場所におられたので何か?と覗くと魚料理屋さんの横に一間間口の秋葉権現があってお坊さまが経を唱えてはりました。これまで何度か通った道なのにこんなちっこいお社があったことを初めて知りました。郡上はこんなプチ発見も楽しい町です。踊りはほんの10分ほどだけ踊りました。まだ人出が揃っていないのでマイペースで踊れて満足です。来年もその次も来なくちゃいけないので今年は我慢してこれだけで帰ってきました。

2015081105.jpg 2015081106.jpg

posted by いけさん at 15:44| Comment(6) | 夜遊び

2014年08月14日

今年もまたまた行ってきましたよ

岐阜県郡上八幡の「郡上踊り」は日本三大盆踊りのひとつで、毎年7月中旬から9月初旬までの週末など32夜にわたって郡上八幡のまちなかで場所を変えて盆踊りを踊るのですが、8月13日から16日は「盂蘭盆会」と言って夜の8時から明け方4時頃まで催され、「徹夜おどり」とも呼ばれています。このあたりの話は僕の周りの人たちは耳タコになっていると思いますが、「死ぬまで毎年踊りに行く!」と決めてもう10年以上通っております。

  ※郡上踊りに興味があるかたは、8月17日午前11時からBSプレミアムの
   「新日本風土記」で郡上踊りの再放送があるのでご覧くださいね。

2014081301.jpg盆踊りは亡くなった人を供養するための踊りですね、郡上八幡では踊り好きの人を「踊り助平」なんて呼び方をするのですが、これまでは単なる助平で参加していた僕も今年は母と嫁さんの初盆ということで、親戚一同の「しっかり供養してきなさい」との後押しを受けて堂々の参加です。


2014081302.jpg例年は早くに家を出て、あちこち回りながら行くのですが今年は所用があって出発したのが17時すぎ。高速道路の帰省渋滞に巻き込まれ、一般国道や抜け道に迂回したけれど郡上に着いたのは21時半でした。会場にほど近い駐車場で順番待ちをしながら着替えを済ませ、22時頃から90分近く踊りっ放し(笑)
徹夜おどりの4日間に20万人ぐらいの人が全国から集まるそうですが、1〜2時間で帰る人も多く駐車場もそこそこ回転するし、同時に踊っているのは5〜6千人ぐらいと思うのですが年々踊り助平が増えているようで、夕べは踊りの列がかなり長かったように思います。


2014081303.jpgそんな人ごみの中で同じく助平なZenさん御一行と出会いました!
かなりヘバってフラフラになって踊っているところをZenさんが見つけて駆け寄ってきてくれたのですが、いやぁ・・・感動的でしたよ。行った人にしかわかんないけど、あの人ごみで知り合いを見つけるのって奇跡に近いです。Zenさん、よぅ見つけてくれましたね。

0時半ぐらいまで踊ってから、ネットで渋滞が解消しているのを確認して郡上を出発。帰路は帰省を急ぐ車の流れが速くて、流れに乗って走っていると2時間ちょっとで帰宅することができました。もしかして往路も夜になってから出たらよかったのかもね。

2014081304.jpg郡上おどりの手ぬぐい。
毎年違う図柄の下には「参加章」という落款が描かれていて、これを毎年買って帰ることが楽しみになっているのですが、家を探してみるとどこにしまったかわからない(笑)とくに踊りの時に使用したものは洗濯してタオルの棚のどこかに埋もれていたりします。ま、参加した証ってのは別に形で残らなくてもいいんですけどね。


2014081305.jpg踊った証といえば下駄。
初めの頃はサンダルで踊っていましたが何年か通ううちに踊り下駄を買いました。徹夜踊りの時は下駄屋さんも掻きいれ時ですが、単に下駄を売るだけでなくて、踊っている途中に切れた鼻緒の修繕なんかもしてくれます。郡上おどりでは下駄を「カッ」って鳴らす足さばきが沢山あって、男衆の下駄は鳴らす毎に先端と前歯が磨り減ってきて、その減り方が年季を表します。料理人の包丁みたいですね。
僕の下駄は・・・まだまだ年季が足りません。
posted by いけさん at 20:11| Comment(7) | 夜遊び

2012年12月11日

見上げてごらん夜の星を

月イチは死守。今月は1日にこそっとゴミをアップしたので
「まっいいかっ!」って思っていましたが、この季節になると
やはりこのネタは外せないということで「ふたご座流星君〜羊」

 ※注記:ドラえもんのように「ふたござ りゅうせいぐ〜ん」と
      読んでください。「ぐ〜ん」の部分が「君〜羊」です。

空気が澄んだこの季節、流星群でなくても結構流れ星は見えていますね。
ふたご座流星群のピークは14日の8時ですが、13日の夜半あたりは
新月らしいので、空さえ晴れれば京都市内でも目視できますよ。

ふたご座はオリオン座の三つ星のてっぺんと一番明るいベテルギウズを
線で結んで、さらに伸ばした先にあって、上が弟星、下が兄星です。
兄弟揃って明るい星なのですぐに見つけることができるでしょう。

futago.jpg

【この季節のひとこと】

 ポケットの「のど飴」が重い


【今週のロシアンルーレット】
 
 「のど飴」に混じって健康診断後の下剤がポケットに……
posted by いけさん at 22:41| Comment(1) | 夜遊び

2012年11月01日

「きぼう」見えました

国際宇宙ステーション(ISS)「きぼう」の姿を見ることができました。
白い光が北西よりやや西寄りの地平線からからゆっくり頭上に上がっていき、南西の空に沈んで行きました。時間にして約4分のことですが、電池パネルに反射した白い光は水星や金星ほどの明るさでした。

「きぼう」の高度は400Km、90分で地球を周回するそうです。
そんな場所で人間が寝起きして実験活動をしているなんてすごいことですね。

posted by いけさん at 19:20| Comment(0) | 夜遊び

2012年10月30日

きぼうの灯り

この夏、関西電力の「節電トライアル」にエントリーしていました。
エントリーした上で7月から9月の電気使用量が前年より削減できた場合、5%以上で500円、10%以上で1000円、15%以上で1500円のクオカードが贈られるのですが、先日結果通知と賞品が送られてきました。見事15%削減を達成!
必要としない灯りは消すぐらいしか工夫はしてなかったのですが、仕事(もしくは夜遊び)が忙しくて帰宅が遅く、しかも疲れてがひどくて早寝してたとか、去年はエアコン使いまくってたとか、まぁそんなところが勝因でしょうかね。

2012103001.jpg

さて、秋から冬にかけてまた夜空が賑わってきますが、アニメ「宇宙兄弟」の影響もあって、最近は流れ星だけでなく国際宇宙ステーション(ISS)「きぼう」を見ようと頑張っています。通過時刻をうっかり忘れたり、仕事や別の用があったり、天候に恵まれなかったりと、いろいろと理由はあるのですが思ったように見つけることができません。

JAXAのホームページには、地域別に「きぼう」が通過する日時の詳細が掲載されていて、観測のチャンスはたくさんあるのに、チャンスが多い故になかなか観ることができないという矛盾に陥っています。直近の京都における観測日時は、10月31日の18:26(西北西)〜18:31(南南東)と、11月1日17:37(北西)〜17:43(南東)があるのですが、特に1日のは最大仰角85度と、北西からほぼ頭上を通って南東に抜けるのでかなりの確率で観測できるのではと期待しています。(時刻は直前に変わっていることがあるのでご注意)

2012103003.jpg
【JAXAの資料を転載】


2012103002.jpg
【満月堂の新しいCDを作成中】
こっちの作業も、ようやく灯りが見えてきました〜!
posted by いけさん at 22:18| Comment(2) | 夜遊び