2017年08月25日

桝形地蔵祭

夏休みもそろそろ終盤。毎日休みな僕ですが何となく焦りを感じます。
で、郡上八幡の桝形延命地蔵尊縁日踊りに行ってきました。
25日の小野天神祭とどちらに行こうか迷ったのですが25日が雨の予報だったことと天神祭は一度参加したことがあるので24日の「桝形地蔵祭」で踊ることにしました。「升形・桝形」とはお城によくある2つの城門が直角に並ぶ防衛構造の空地部分のことだそうですが、城下町の入り口部分にあたる町だから「桝形町」という名前がついたのでしょうか?

2017082401.JPG

昼間の散歩で地蔵尊にお参りした時に近くの民宿の女将さんから「郡上から旅に出る時は皆ここで道中の無事をお地蔵様にお願いし、帰った時はお礼のお参りをするんですよ」と教えていただき、やはりこの町は城下町の出入り口にあたる存在だったみたいです。踊りの前には今年も無事に来れたお礼参りをさせていただきました。

2017082402.JPG 2017082403.JPG

今夜の郡上踊り「桝形地蔵祭」は国道256号沿いに屋形が立ち、踊りの列が十字ではなくL字型になります。平日の夜ですが大勢の人でにぎわっています。郡上踊りの縁日踊りは通常20時から同好会の唄とお囃子で30分ほど踊り、その後は保存会の皆さんの唄とお囃子で22時半まで踊ります。保存会入れ替え準備の10分ほどに祭の謂れや歴史などの説明があるのですが、興味をもって聞いてみると優しい口調でコンパクトにわかりやすく説明しておられ、昔はなんとなく聞き流していたのがすごく損をしていたみたいで悔しかったです。説明によると桝形延命地蔵尊は安政5年(1858年)に郡上八幡で蔓延したコレラを収めるために建立されたとのことでした。

2017082404.JPG 2017082405.JPG

郡上踊りも15年近く通うと上手になったかもという錯覚がおき、いつかは「認定証」がいただけるかと欲が出てきますが、隣で踊っていた40代くらいのご夫婦の奥様がそれはそれは上手な踊りで関心していると、やはり保存会の方からお声がかかり「認定証」をゲットされました。僕は隣で踊っていてスルーですからまだまだダメってことですね。精進します。

2017082406.JPG 2017082407.JPG

今シーズンの踊りは二着の「Happi Coat」を試しました。浴衣より気軽で雨でも気にならないし汚れたら洗濯機にポイッで済むので電撃日帰りで通う僕にはとてもありがたいです。アクセントは岐阜市の工房が郡上に出したアンテナショップで手に入れた「雪花紋」の手ぬぐいです。そして今回のランチは味噌味がしなかった「郡上味噌カツカレー」でした(笑)

2017082408.JPG


posted by いけさん at 23:41| Comment(0) | 夜遊び