2015年08月15日

ふたたびの街

半年以上ぶりのブログですね。1月末に心筋梗塞で入院して以降、皆様には大変ご心配をおかけし多くのご支援をいただきました。あらためて御礼申し上げます。
後になってから死んでもおかしくない状況だったと知れば知るほど、日常の出来事や人とのふれあいについて胸が熱くなる時があります。万一のことになっていたらこの場は無いんだと思うと、今は一日一日をとても大切なものに感じます。

そんな中、8月11日に郡上八幡に行ってきました。
お盆期間の徹夜踊りに参加したいのはやまやまですが、お盆渋滞の中を運転することや郡上八幡の身動きされぬ人混みに揉まれることに不安があったので11日を選びました。おかげで道路はすいていたし観光客もまばらで、休憩するベンチに不自由することなく夕方の町並みをのんびり歩いて回りました。以前に書きましたが死ぬまで毎年一度は来ると決めている町なので、僕にとってはまたここに来れたことが感無量で、吉田川を眺めながら涙する怪しいおじさんになっていました。

2015081101.jpg 2015081102.jpg

さて、11日の郡上踊りは下日吉町という古い繁華街での開催です。
日吉町はパチンコ屋さんやスナック、料理屋さんがありその昔は演芸場のような施設もあったとのことで旧市街の中でも賑やかな町だったのでしょうね。今夜の踊りも「秋葉祭・嵐璃橘之丞慰霊祭」と郡上出身の歌舞伎役者の名前がついています(読み方不明w)。車はいつも通り安養寺に停めました。ここはトイレや更衣室も使わせてくれるし徹夜踊りの会場に近いので並んででも停めます。日吉町からは少し遠いので今日はひっそりしていましたが山に抜ける風の通り道なので踊りが始まるまで昼寝をするには最高でした。

2015081103.jpg 2015081104.jpg

踊りは20時半開始ですが20時には大勢集まっていました。
みなさん踊り会場から少し入った場所におられたので何か?と覗くと魚料理屋さんの横に一間間口の秋葉権現があってお坊さまが経を唱えてはりました。これまで何度か通った道なのにこんなちっこいお社があったことを初めて知りました。郡上はこんなプチ発見も楽しい町です。踊りはほんの10分ほどだけ踊りました。まだ人出が揃っていないのでマイペースで踊れて満足です。来年もその次も来なくちゃいけないので今年は我慢してこれだけで帰ってきました。

2015081105.jpg 2015081106.jpg

posted by いけさん at 15:44| Comment(6) | 夜遊び