2014年10月27日

日曜ワイド われら夢の途中

前回はFM COCOLOの番組について書きましたが、今回はほぼ同じ時間帯にかぶっちゃってるKBS京都ラジオの「日曜ワイド われら夢の途中」に3度目の出演をさせていただいた報告です。
思えばラジオを聞くのも便利な時代になりまして、カーラジオだけでなくradiko(ラジコ)を使えばPCやスマートフォンでもラジオが聞けるので、好きな番組がかぶっても逃さずエアチェック(死語?)できるのがありがたいですね。

「われら夢の途中」は2006年4月にスタートしていますから今は9年目で、満月堂の方がちょっとだけ先輩ですね。この番組とのご縁は京都新聞に掲載された神足ふれあい町家ライブの記事が番組スタッフさんの目にとまり、夢を抱く中高年を応援しようという番組のテーマと合致いるということで電撃オファーをいただき2010年3月に初出演させていただいたことが始まりです。オフラインイベントの参加や、おやじバンド企画のお手伝いをさせていただいたり、パーソナリティの塩見さんには満月堂のライブに何度も来て下さって親交を深めていきました。そして今回は満月堂活動10周年にあわせてこの10月に3度目の番組生出演となった次第です。

さて今回の出演はこれまでの2回とはまた違った感激でした。
塩見さんの「今日は満月堂さんが出演されますよ」のコメントで9時にスタートした番組でしたが、早くも「楽しみで〜す」といったメッセージがリスナーが入るし、番組名物「今朝の一句」のコーナーでもリスナーさんから「コンサートに行った時にオーラを感じましたよ、さすが芸能人〜」なんてコメントが入ったり(あのぉ・・・満月堂は芸能人なんでしょうか?笑)。スタッフさんによると「「宇治物語」のリクエストもよく来るんですよ」とのこと。いやはやメディアの力ってただのおっさん4人組みをここまでスターにしてくれちゃうのですね!

満月堂が出演する11時にはリスナーさんからのメッセージを印刷した紙がテーブルに山積みされていて、オンエア中にも追加で何枚も・・。これらのメッセージを全部見たかったのですが本名やメアドなどが書かれているので拝見することはできず、送っていただいた方にはここで改めて御礼申し上げます。ほんま、嬉しかったです。
初めて出演した時はバンド仲間からのメッセージだけだったのに、今回はおそらくライブに来て下さったお客様からのものが圧倒的多数でとても嬉しかったです。「長岡京のふきのとう」さんは前日のライブでリクエストされた方かな?

これまでの出演ではバンマスと僕が喋るシーンが多かったので、今回は松っちゃんとゆうさんにも無茶振り目配せをしていっぱい喋ってもらいました。特に松っちゃんは頑張りましたね、ライブのMCもそうですが成長株です。
・・・といいつつ僕も結局はよく喋りましたが(笑)これといった決めセリフが出ないまま終盤を迎え焦っていたら、バンマスが「コンサートホールよりもお客さんが見える近さがいいね」という話をしたところですかさず「そろそろ紅白の声がかかる季節だけどお断りをして・・・」と、起死回生の一言で締めました。

応援メッセージを送って下さった皆様。ラジオに耳を傾けていただいた皆様。番組後にホームページまで足を運んでいただいた皆様。そして塩見さんならびに番組スタッフの皆様。どうもありがとうございました。番組を聞いて満月堂に興味をもっていただいた方は、是非是非ライブ会場にお越しくださいね。
posted by いけさん at 00:57| Comment(6) | ライブ