2014年03月20日

ワイルドだろ?

この3連休は増税前の駆け込み需要のピークだとか・・・
会社の同僚たちも大型家電やらタバコのカートン買いやらざわざわしだした。

「近いうちに買わないといけないものは買う」
これが正しい姿勢なんだろうけど特に無い

「とりあえず買い置きしておいたほうがよいものを買う」
これやっちゃうとキリがない

結局何も買わずに4月を迎えたとたんに、あれこれ物入りになるんやろうねぇ

けど今は これって思いつかないからICOCAにチャージした。
ワイルドだろ?



posted by いけさん at 22:18| Comment(0) | 目線

2014年03月09日

ベストおやじバンド賞

本日、八幡市文化センターで催された「おやじたちのコンサートPARTV」において、出演11組の中から満月堂が「ベストおやじバンド賞」をいただきました。

そもそも商業ベースのイベントではないのでアマチュアおやじバンドに優劣をつけることが如何なものかと思いますし、本日出演されたバンドさんはそれぞれに個性や技術や親しみがあり、誰がいちばんってものではなかったのですが、この賞は審査員審査ではなく会場に来られたお客様の投票で決定するものなので、いけさん個人としては「お客様に選んでいただけた」ということを素直に喜んでいます。本当にありがとうございました、とても幸せな気持ちになれました。

2014030901.jpg


出入り込み20分という持ち時間は、満月堂の持ち味を出すにはあまりにも短い時間と考えていましたので、曲数を減らしてトークの時間を捻出しようと僕は考えましたが、バンマスは演奏を聴きにこられている方のために間奏などを短縮しててでも4曲やろうと、自宅で時間を測りながら曲の構成を練り直してくれました。松っちゃんとゆうさんもそれに応えて午前のリハよりかなり早い時間に集合して練習で構成を確認します。僕は客席側の照明を少し明るくしてもらい、舞台からお客様の反応が見えるように係の人にお願いしました。

リハーサルでは音響の方々が僕たちが安心して演奏できるモニターの調整をしてくれていたので、本番の舞台でも自分たちの音を出せましたし、お客様も最初から手拍子で助けて下さり、そのお顔を見まわしながらの演奏はいつも満月堂がやっているお客様と一緒になって楽しめる最高のコンサートとなりました。お気づきの方もおられたと思いますが4人がずっと笑顔で演奏していましたよね。楽しかったです。

宇治からも、京都からも、そして地元八幡は浄泉寺ライブの皆さんなど大勢の方が応援に駆けつけてくださいました。前後の出演バンドはとても高い技術を持ったバンドでしたが、ハードな音響だったのでご年配のお客様にとっては懐かしフォークの満月堂に心地よさを感じていただけたのかもしれません。一緒に出演したバンドさんから「うちの身内も満月堂さんに投票しようかなんて言ってた(笑)」と、お褒めの言葉もいただきました。

前述しましたが、おやじバンドに甲乙つける必要はなく、今日のコンサートはどのバンドも日頃の練習の成果を十二分に発揮されたと思います。ただ、応援に来てくださった方々だけでなく今日の会場で初めて満月堂を聞いてくださった方からも沢山の得票をいただいて受賞できたことを、心の底から嬉しく誇りに思います。満月堂10周年節目の年に、僕たちがやってきた音楽にごほうびを下さった皆様にあらためて御礼申し上げます。

2014030902.jpg
posted by いけさん at 21:26| Comment(8) | ライブ